上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



今日は朝から寒くて、どんより薄曇りでした。

冬だよ…まちがいなく

冬嫌いなんです。
冬が寒くないところに移住したいです。

1月2月とか、最低気温が氷点下にならないところがいいなあ。
できれば最高気温は10度超えて
晴れのお天気が多いところ。

そして観劇にも行きやすいところがいいです!

私にとって天国だわ。



でも、どんより気分を吹き飛ばすことがあった一日でした。


注文してた望海風斗 パーソナルカレンダーが来ました!


発売日、明日じゃなかったっけ?…阪急BOOKSさん、仕事早いですね。

表紙の破壊力が凄いことは、3日前に調査済みでしたが
本物はその何倍も強力でした。

実物の大きさで見るとね
目線もずっと離れないしね
シャツの襟元や胸元のあたりとかね



息止まる感じ…


『死ねばいい』ですか???


まさにそういう感じが漂ってます、表紙の挑んでくる望海風斗は。

(誤解のないように言っておきますが、かっこよすぎて&綺麗すぎてってことですから)

だから~、挑んでこなくても、誰もあなたに敵いませんから!


しばらく開けられなくて
ビニール袋のまま梱包のダンボールにしまいこんで
見えないところにしまっておきました。

家事とか細かい仕事を片付けてから
心を落ち着けてから開きました。


2014年の花組の望海風斗さんの軌跡です。


そういえば、蘭寿さんの最後の公演が見たくて行った公演の
『ラストタイクーン』で
一番、記憶に残っているのが望海さんのブロンソンさんでした。


その頃はこれほど望海さん一人にはまっていたわけじゃなく
いろんな花組生さんに魅力を感じていたのですが
後になってじわじわと望海さんが演じた『壊れたブロンソン』がフラッシュバックしてきて
あらためて『だいもん、すごいお芝居してたなあ~』と思ったものです。

その頃から、だいもんを意識するようになって
スカイステージの番組で完全にドはまりしたんだ、きっと。



そんなだいもん、来年5~6月の主演公演が決まりました!

シアタードラマシティ・東京特別公演
『アル・カポネ ~スカーフェイスに秘められた真実~』

すごいですね。

ベネディクト⇒ブロンソン⇒ルイジ・ルキーニと来て
アル・カポネ
とは。


そういう路線、似合わないわけ無いけど。

ちなみに『スカーフェイス』というのは顔の傷のことで
彼の密かなニックネームだったらしいです。

アル・パチーノ主演の映画にもなってるらしいです。
(ウィキペディアより)
(ウィキのアル・カポネのページに、すでにこの公演のことが追記されてる!!早いです!)


実在の人物だし、映画とか本とか資料はたんまりあるだろうから
真面目な望海さん、いろいろ勉強するんだろうな。

私も、アンタッチャブルくらいは見直そうかな((笑))


周りにどんな雪組メンバーが来るのかも楽しみであります。

渋くてカッコ良い望海さんに会えそうで
来年もすでにめっちゃ楽しみです



ちなみに
ちぎさん&みゆちゃんのラブラブコンビは博多座公演
『星影の人』『ファンシー・ガイ』

沖田はん、懐かしいな~





スポンサーサイト
 2014_11_20



久しぶりの更新です。

宝塚100周年で沸いた2014年もあと一月半で終演ですね。


長女が受験生という、自粛ムードの中、
私なりに盛り上がりました(笑)

とは言え、東京宝塚劇場に最後に行ったのは5月。
蘭寿さんの退団公演だという残念な事実

ひたすら宝塚への愛を心の内で爆発させながら
スカイステージを見る日々です。


そうは言ってもやっぱり劇場で見たい公演もあったのですが
今年はチケット難なんですね。

花組のエリザベートなんて、どう足掻いたって取れなかった。

毎日毎日、観劇された方のツイとか見ながら
胸を焦がしていましたよ。

ものすごい久しぶりでDVDも発売当日に買っちゃいました。
(安くなったと思ったら、安いなりの仕様でがっくり…)
ほぼ毎日見ています。

目がいくつあっても足りないんだよね、花エリザ

見すぎで娘とエリザの中のセリフや歌で会話する場面が増えてしまい
変な家庭丸出し…(ゝω∂)



ドンマイ!(笑)



そんな私ですが、先日見てきました。

『CHICAGO 』

もう
かっこよかった!!
の一言に尽きます。

出演者全員、宝塚のOGさんばかり。

あ、失礼、ソプラニスタのT.OKAMOTOさんがいましたっけ。

メインキャストの元トップさんの他に、歌とダンスが上手な秀逸メンバーが集まっていて
脇をしっかと固めてたのも嬉しかったです。

水さん、ちゃんと女性の役なんですけど
とっても男前でかっこよかった~!

金髪のショートヘアがものすごく似合っていました。
(私個人的にはこういう水さんが好きです~)

ドレスもミニ丈で出が多くてセクシーなのですが
しっかり鍛えられた体と相まってかっこよく見えました。

在団中とは違ったダンスも素敵!



水さんが退団してからの時間とその間の舞台。

それらはすべてこの公演のためにあったのかも、と思いながら見ていました。


外国の男性ダンサーさん達とのコラボも

ロングランのミュージカルも
アメリカのショービジネスで生きる強い女性を演じたりしたことも

何曲もの歌とダンスで織り成された自分のコンサートの演出も
筋肉痛と戦ったアルゼンチンタンゴも


この舞台につながっている。



宝塚というカンパニーを巣立った水さんの軌跡をたどるような作品で
宝塚100周年の年を締めくくることができて
私も嬉しく思いました。


『CHICAGO』はこれから大阪、名古屋、そして再び東京の凱旋公演と続きます。

日々寒くなりますが、
東京凱旋の千秋楽まで、元気で素敵なヴェルマ・ケリーを演じて欲しいです。

さて来年の水さんにはどんなご活躍が待っているのでしょうか?

楽しみ~




そして私ごとですがもう一つ。

水さんが宝塚をご卒業してからの年月、
私はいろんな組の公演をぼちぼち見て楽しんで来ましたが
ここに来て、水さんと同じくらい全力で応援したい生徒さんに出会いました。

水さんに相通じるところがたくさんあって惹かれました。


とても真摯に宝塚の男役を探求する姿勢や
宝塚をとてもとても愛しているところ。

ファンに対して誠実で温かい対応をされるところ。

演技、歌、ダンス、常に上を目指して力を尽くすまっすぐさ。



やっぱりそういう生徒さんを応援したくなるんですね。

そしてそういう姿にパワーを頂けるんです。



本日付で花組から組替えで雪組生になった
望海風斗さん


水さんの時と同じように…私に許される範囲で、ということに変わりありませんが
だいもんのこれからの宝塚での進化を
ひっそりと熱く(笑)応援して行きます。


ちぎちゃんがトップになって新しい船出がはじまった雪組さん。

水さんの背中を見ていた下級生たちが成長して
新しいトップさんをしっかり支える地盤がある組だと思います。

そこに花組で育っただいもんが雪組に参入することで
お互いにとって素晴らしい相乗効果が起きることが大いに期待されます。


雪の上にどんな美しい花を咲かせてくれるか。
心から楽しみでなりません。


という訳で、これから水さんに加えてだいもんに愛を叫ぶブログになりますが
よかったらお付き合いください。
(亀更新であることには変わりなさそうですが)


頑張れ~、だいもん!

頑張れ~雪組!!




 2014_11_17




10  « 2014_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ルカ

Author:ルカ
2007年夏の終わりに水さんとの運命的(?)な出会いによって
私の人生が劇的に変わりました。
宝塚は卒業されてしまいましたが水さんのことが
相変わらず大好きです!(#^.^#)
ずっと応援していきたいと思います。

現役さんでは雪組の望海風斗さんを応援しています。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。