上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



おおおおお…お久しぶりです!


ちょっと前まであんなに暑かったのが嘘のようにいきなり寒いですが
皆さん、お元気ですか?



私は元気ですよ。

ただ、ものすんごく忙しいです。
今、三つくらいの仕事を掛け持ちしてます。

ん~
三つともそれなりに責任重いかも。

しかも三つとも全くお金にならないという…。


これがボランティアってやつですかね、たぶん。

あ!
お祭かもしれない!(笑)




実際大変だけど、忙しいくらいが今はちょうどいいです。

とりあえず期限のある仕事に追われていると
意味のある未来を実感できるから。






もうすぐ
2010年の9月が終わろうとしています。

全力で駆け抜けた、あの輝いた時間が遠ざかって行きます。


でもどんなに時間が経っても
私の中では色褪せることなく、ずっと永遠に輝き続けるよ。









大変おそくなりましたが追記に拍手コメントのお返事があります。

いつもありがとうございます






スポンサーサイト
 2010_09_30



千秋楽から一週間過ぎました。
水さんをお見送りされた皆さん、いかがお過ごしでしたか?

私にはなんだか、これまで感じたことのないような長い時間でした。

思い返すとあの日比谷に通い詰めた日々がとても昔のことのようで
何かにつけふと寂しく感じたりしています。


と言いながらも、やっぱり私は日常を生きているわけで。

先日の土曜日は娘の運動会でした。
本来なら11日(土)に実施されるはずだった運動会でしたが
この猛暑のせいで延期に延期を重ね、一週間後の18日にようやく開催されたのです。

学校からは『熱中症などを予防するために、暑さの予報によっては延期することも考えている』
という主旨の連絡が届いていました。

私としては絶対に11日にやってほしかったんです。
だって!
12日に順延になってしまったら、ものすごく困るから。

だから一週間毎日、『週間天気予報』をチェックしました。
その近辺はずっと晴れマークが並んでいました。

でもね、たとえば梅雨とか台風とかだったら
少なくとも前日までには運動会ができるか否かの予測がしやすいけど
暑さによる実施の可否となると、当日の朝でないと最終判断ができないらしいのです。

たった翌日の予定すらも決まらないというのは、ものすごく落ち着きません。
しかも、私はとてもとても重要な予定を抱えているのです。
「学校は嫌がらせをしてるのか?」と疑念さえ浮かびました。

11日の延期については、前日の10日の夕方の時点で決まってしまいました。
娘からのメールで知らされた時はものすごいショックでした。

どうしよう…

翌日11日。
私は一日中、モヤモヤと落ち着かない時間を過ごしました。

落ち着かない一日


落ち着かない中でもやはり考えないわけにはいきません。

『もし明日、運動会が行われることになったら』


プラン1…『ラストデイは諦めて運動会に行く』

「水さんのラストステージをリアルタイムに見られないのは悲しいけれど
後でDVDで見ることはできるし、やはり母としては、猛暑に耐えながら毎日
練習に励んできた娘の活躍を見てあげないといけないんじゃないか…」

しかし!
せっかくのTOHO日劇のチケットはどうする?

運動会をやるかどうかは当日朝でなければわからない。
でも当日じゃ、誰かに譲るにしても東京まで渡しにいくのは不可能。
とはいえこのチケットを無駄にするのは絶対嫌だ!

では前日(今日)のうちに譲ることに決めて渡す?

でも…
もし明日も運動会が中止になったら、とてつもなく後悔するじゃん!!

 却下!! 


プラン2…『運動会は諦めてラストデイに行く』

「中学校の運動会はまだ来年もあるし、娘には悪いけどやっぱり水さんのラストデイは明日だけだから」

しかし!

私が日比谷に行き、娘が学校に行っている
お昼前から夕方までの間、長男が一人になってしまうではないか…

しかも、日曜日なのに頼りの主人はどうしても出かけないといけない用事があって
見ていてもらえないと来たのです。

ん~…一人で長時間留守番している長男を気にかけながらのラストデイは厳しい…

しかも当日になって実家の親にお願いするわけにも行かず。



結局、前日の時点に於いて、どちらかに決めないと、ということで
娘にも相談したところ
「いいよ、水さんのラストを見て来なよ。」と…(涙)

息子にも「明日で本当に最後だから、長い時間だけどずっとお留守番できる?」と聞いたら
「え~…明日で最後なの?…じゃ、いいよ」と、渋々ながらも言ってくれました。


『同じ時を二度は生きられないから』


私にとって『良いと思うこと』はどっちなのか?

自分で答を出すことは容易ではありませんでした。


最後には子ども達が背中を押してくれました。
こんな母は、母親失格なんだろう、きっと。

せめて、美味しいお弁当を作ってあげなくては。

そう思って12日の朝は4時半に起きてお弁当を作りました。

子ども達の大好物のフライドチキン。
張り切りすぎて4人分くらい作ってしまいました。

『中止の場合、当日の朝6時15分までに電話連絡が回る』という通達でしたが
その時間を過ぎても連絡がなかったので、実施は確実…

と思った矢先のこと。

『今日は中止になりました。18日に延期します』との連絡が来ました。


なにぃ~!?

この3日間、あれだけ悩ませておいてこの結末ですか!?
だったら最初から一週間延期にしたらよかったんじゃん?



めっちゃ脱力感でした。


でもまあ、これでなんの気後れもなく水さんのラストデイを見届けることができたというわけです。
おかげでとっても幸せな時間でした。


これまでもいろんなハプニングを乗り越えて観劇に至ることが多かったですが
最後の最後までも、ドタバタがつきものの私のヅカライフでした。




あ、この運動会に関してはとんでもないオチがありまして…












 2010_09_20



私のこのささやかなブログを通じて
同じ気持ちで水さんを愛するたくさんの方たちと出会うことができました。
年代も違ったり、暮らす場所も遠かったりしても
水さんへの愛が大きな共通点でした。

拙い文章を読みに来て下さるだけでもありがたいのに
困った時に助けていただいたり
素敵なプレゼントをいただいたり

何よりも水さんや宝塚のお話をとおして
初めてお会いしてもすぐに通じ合えることが嬉しかったです。


実際にお会いできなくても、いつも温かいコメントをくださったり
拍手をいただいたりするたびにとても励みになりました。


ファンになりたての頃の私はコンプレックスだらけでした。

『水さんのファンです』と公言していても
ファン歴は浅いし、劇場まで遠くて手のかかる子どももいるので
公演に何度も通ったり、ファンクラブに入って貢献することもできません。

日曜の夜に行われるお茶会に行くのも難しかったです。

こんな私など、ファンでいる資格も無いんじゃないかなって
いじけていたこともありました。


でも少しずつ自分なりの楽しみ方を見つけていくことができるようになり
劇場に行けなくてもスカイステージで楽しんだり
たとえ数回しか公演を見られなくとも、その一回一回を大切に見て
記録に残していければいいと思えるようになりました。

多分、小さなことでいじける自分がつまらなくなるほど
宝塚の舞台そのものが素晴らしかったのです。

もしも私の現状がひとつでも違うものだったら
水さんにも、宝塚にも出会えてなかったかもしれません。

『今だから、今のこの自分だから』この世界を引き寄せたのではないのかな。

そう思った時『自分だからこそ』のファンライフを楽しめればいいって思えたのです。


水さんも楽のご挨拶の中でも
『みなさんそれぞれのスタイル、それぞれのスタンスで応援してくださっているのが励みになりました。』
というようなことをおっしゃってくださったり
いつの時でも、その場に来られずに遠くからも思いを飛ばしているファンにむけても
感謝の言葉を言ってくださったり。

それこそ私のほうがそれらの言葉に励まされていました。

どんなファンの方も分け隔てなく大切に思ってくれる水さんの気持ちが嬉しかったです。


今、水さんや宝塚を通してたくさんの出会いを経験できたことが
本当にうれしく思います。


今回の退団公演もたくさんの方に励ましていただきました。
『思う存分、頑張って!』って背中を押してくれたので
自信をもって走り抜けることができました。

離れたところに暮らしていても、ネットでしか交流できなくても
「同じ思いで繋がっている」ということの強さを実感しています。

宝塚に出会えたことも
水さんに出会えたことも
水さんがくれた出会いも

すべてが素晴らしい奇跡でした。


もう折り返し地点を過ぎた頃と思われる私の人生において
こんな奇跡とめぐり合えるとは

人生って面白いな!



追記に拍手コメントのお返事です。
いつもありがとうございます。
いつもとても励まされました。

すっかり遅くなってしまって、もうタイミング的に遅すぎるお返事もチラホラですね…すみません。



 2010_09_14



卒業したとたん、本名も年齢も明かされちゃうなんて。

あらまあ…って感じですね。


でもご本人にしてみたら「別に。」って思っていそう。
(注:エリカさまじゃありません!)



それにしても退団した後になっても
この人は思っていたより凄い人だったっていうことを思い知らされます。

『9月12日の楽が終わったらゆっくり体を休めてほしい』って誰もが思ったのに
二日後には海外旅行に行くんだ…。

水夏希の中の人はスーパーマンに違いない。

ファンのほうがよっぽど疲れてますね…(笑)



私も東京に通い詰めた2週間あまりで体重が2キロ減りました。
このくらいなら間違いなくすぐ取り戻しますが…。

いろんな人に会うたびに『大丈夫?えらく疲れてるみたいだけど』って気にされました。

自分でも楽までよく持ったな~って思います。


人間、基本的に健康であれば
気力だけで大抵のことはなんとか乗り越えられるのかな、って

すこしだけ自信がつきました。



楽が近づくにつれて
『9月13日から、私はどうやって、何を支えに過ごしていくの…?』って
言いようの無い不安に襲われたりもしました。

でも、今日になってもやっぱり私はいろんなことで忙しかった。

合唱団では二ヵ月後に迫ったジョイントコンサートの準備が今日からスタートしました。

コンサートは学校の文化祭の前日なので
私は文化祭のバザー担当委員長で忙しいから出ないでいようと決めてたのに
「当日、夕方の本番に間に合えば、リハには来なくても大丈夫だから出ましょうよ!」と言われ
ひとまず出ることにしてしまいました。

プログラムの印刷も担当することになりました。

これまでだったら「とんでもない!」って不安になってましたが
「大変だろうけどなんとかなる」と思えるようになっていました。

水さんがくれた贈り物です。





そういえば水さんは以前、シナちゃんとラギちゃんの退団の時に
こんなことを言ってました。

『当たり前の毎日が当たり前じゃなくなった時、新しい人生が見えてくることがあるんです。終わりは始まりでもあるんです。』

宝塚の雪組トップに水さんがいることが当たり前だった。
一つの公演が終わると寂しいけど、また新しい公演が始まれば水さんに会えるのが当たり前だった。

それが今は当たり前ではなくなってしまいました。


でも
水さんと出会う前の私とは違うから不安はありません。
水さんが私にたくさんの素晴らしい贈り物をくれたからです。




夢を追うこと。

好きなものを好きと素直に認めること。

限界まで頑張ること。



そして
水さんを通じて得られた新しいたくさんの出会い。


水さんがくれたものはすべて
私を幸せにしてくれました。



水さんのくれたものがいつも私の中に息づいていれば
きっとこの先も自信を持って前へと進める気がしています。


空高く飛翔するための翼をもらったのは
水さんに出会えた私自身だったのですね。

月の王が高みへと手を伸ばして跳躍する姿は
ずっと長い間、私が焦がれてきたものでした。




これからも高みを目指す人でありたいと思います。


水さん、本当にありがとう。










 2010_09_13



家に帰ってきました。

終わったんだなあ~、本当に…

落ち着いたらしみじみと沁みてきました。


ライブ中継というのは初めてでした。

自分のなかでは10日の公演が千秋楽だったことも手伝って
とても落ち着いて見ることができました。

水さんのサヨナラというよりもひとつの公演として
冷静に見られた気がしました。

あ、でもだいぶ泣いちゃったけどね。

だって、カメラワークが最高にツボを押さえていたんだもの。
あれはすごい。

ロジェの細かい表情の動きまでもちゃんと見ることができました。


ロックオンも劇場で見ていたときは手拍子をするかオペラを覗くか
どちらかを選択しなければならなかったのが
中継だと手拍子しながらはっきり大きく見ることができて最高!


今日は中詰め『so what』のアドリブは
舞台上のみんなに向かって『ワンモアタイム、言いたい人~?』
全員が『はいっ、はいっ!』
水さん『先生は嬉しいよ~(笑)三回目なんですよ。一回目、二回目は一人も手を上げなかった…(笑)よかった!これからの雪組も大丈夫。』と音月さんに向かって。
『でも今日は最後だから、全員で。舞台上のみんなも、お客様も、オケのみなさんも…あ、スタンバってるかな、ちょっと無理ですね(笑)。袖のスタッフさんもいいですか?…あ、それから。全国の映画館で中継をご覧になってる皆さん!皆さんもご一緒に!

もちろん言いましたよ。
『ワンモアタ~イム』

水さんがちゃ~んと中継組のことも気にかけてくれてて
嬉しかったです。



でも、ちょっと寂しかったんです。


↓ちょっと愚痴めいちゃってるので薄くしてます。↓




私は劇場で見ているのと変わらず、拍手も手拍子もしたかった。
水さんに、雪組さんにたくさんの思いを届けたかった。
だから劇場にいるときのようにしました。

でも
周りの方たちは静かに鑑賞されてました。
特に両側のお隣さん、お二人とも。

人それぞれのスタイルがあるってわかってます。
でも、拍手だけはしてほしかったなぁ。
寂しかったです。







サヨナラショーもとてもステキでした。
ナガさんの『水夏希の宝塚最後の舞台です』という言葉の重さが堪えました。

最後の男役の舞台。
水さんは最高に輝いていました。
幸せ色のオーラに包まれていました。


中継とは言え、二度も見られたのが本当に幸せ。


退団セレモニーもとても温かいものでした。

心からのご挨拶もとても素直で温かな言葉でした。
一人一人にこれまでの感謝とこれからの幸せを祈って、拍手を送りました。

みなこちゃんのご挨拶もとても素晴らしかった!!
一年前とは比べ物にならないほどの成長振りを見せてくれました。

ありがとう、そして、本当にお疲れ様でした、みなこちゃん!



水さんは…
雪組生さんたちに『水さ~ん』と呼ばれて…

今度はどんなお返事が返ってくるのかな?と期待していたら

お返事されずに現れました!!

出ましたよ、やってくれましたよ…この天邪鬼さんてば!


今回ももちろん黒のタキシード。

同期からのお花はやっぱりハマコさんが。
水さんのすごく嬉しそうな、安心しきったような笑顔が忘れられません。

ハマコさんは相変わらずお元気そうでしたが、女性らしくなられていてとても綺麗でした。

組からはもちろんキムくん。

今回は白いカラーを束ねたブーケでした。
シンプルでステキ!

ご挨拶の内容についてはニュースや各メディアで報道されると思うのでそちらをご参照ください。



カーテンコールで、またしても水さんは、退団者一人一人へ温かなコメントを贈ってました。

その様子を見ていると水さん自身も退団者だということを忘れてしまうほど。

涙の中に笑いを織り交ぜながらの温かな言葉。
組子へ愛を惜しまなかった水さんしか言えないものです。

ほんと、温かい人だなあ。

数え切れないほどのカーテンコールに一回一回、誠実に答えてくださる水さん。
キツイ公演を最後までやりきって、とても清清しく美しい笑顔でした。

別れ難くて何度も何度もアンコールしてしまいました。



心に刻んだ八回の公演が終わりました。


水さんと出会ってから2年と350日間、日数にして1081日。
水さんのことを考えない日は一日たりとも無かった気がします。

とてもとても幸せな日々でした。

人生の宝物です。

ありがとう。
本当にありがとう。



水夏希さん
宝塚歌劇団 ご卒業、おめでとうございます!! 






(追記)
サンスポ記事出ました。




http://www.sanspo.com/geino/news/100913/gne1009130021000-n1.htm
 2010_09_12


詠訣の時

Category: 未分類  

ラストデイが終わりました。

感動と涙と笑いと
ホントにたくさんの愛に満ちていました。

素晴らしい公演とサヨナラショーでした。

水さん始め、退団者の皆さんも
彼らを送る側の皆さんも
とても幸せそうでした。

水さんと
水さん率いる雪組さんと
水さんへ同じ思いを抱く皆さんと

夏の猛暑とともに駆け抜けた二ヶ月。

私なりにとても充実していました。
幸せでした。

やり切った今、「少しの悔いもありません!」と
胸を張って言えます。


すべての奇跡に心から感謝です。
 2010_09_12



とうとうこの日が来てしまいました。

胸が苦しいです。
寂しいです。

でも

男役・水夏希の18年間を締めくくる最後の一日です。
素晴らしい、最高のラストデイとなりますように。


心からお祈りしています。





私も落ち着かない時間をなんとかやり過ごし
もうすぐ日比谷に向かいます。

水さんの最後の入りも行きたかったのですが
そこは我慢。

私はいつもギリギリの条件の中で水さんの舞台を見てきました。
でもそれは幸せな時間の代償だったから
ちょっとくらいの辛さは乗り越えることができました。


今日のライブ中継を、一番近い日劇で見られることは
自分の状況を思うと夢のような贅沢なことです。


Gちゃん、本当にありがとう!
Yちゃんママも、ありがとう!


そして私の『まともじゃない夏』を見守ってくれた家族にも
感謝です。ありがとう!




最後の幸せな時間を過ごして来ます。

行って来ます!





 2010_09_12



とうとうあと明日の千秋楽を残すのみです。

水さんはどんな気持ちでいるのだろう…。




私は昨日の公演後からとても落ち着きません。

原因は…ごめんなさい、今は詳しく書けません。



今日もそのおかげで悶々とした一日を過ごしました。
この一週間の疲れもちょっとだけ出ちゃってて
体も頭も重くて…。

例の気がかりなことのせいもあって
胃もキリキリしてあまり食べられません…。


ダメだ…もうちょっとなんだから、がんばらなきゃ!



『明日は明日の風が吹く』

うん。




スカステでも今日と明日は水さん関連の番組が目白押しです。

何度も見た番組でもやってると、つい見入っちゃいます。


『ZORRO』の新人公演もやってますが
水さん、ゆみこちゃん、キムの飛び入り出演の場面がすごいです!

あそこまでやってたの!?って、びっくり!

当日見に行っていた方はどんだけ驚いたでしょう…。

問題は三人のうち誰が言い出したのか?ってこと。

やっぱり水さん?(笑)


いずれにしても三人ともものすごいノリでした。
楽しそうだったなあ。



昨日の公演のことを。

昨日は前にも記事に書いたとおり
迷った挙句に直前になって追加した公演でした。

行ってよかった!

もう千秋楽と思うほどの中身の濃い公演でした。


席は二階の12列の上手寄り。

でも、今回はずっと二階から見ていたので
二階からの眺めに慣れてしまいました。

しかも今回は二階の中列あたりでもあまり遠い気がしません。

水さんの気合いがそれだけすごいっていうことでしょうかね。
しっかり届いていました。


お芝居は冒頭の、両親を殺された少年ロジェをバシュレが抱きしめる場面で
『ここがロジェの24年間の始まりだ』と思ったら
涙が出てしまいました。

そしてその直後に水さんが登場したらもう…。

最後の舞台が始まっちゃったんだ…ということに泣けちゃって
(多少遠いけど)この空間で踊る水さんの一挙一同を焼き付けようと
涙をボタボタ落としながらオペラを覗いていました。

全体的にとても引き締まっていていいお芝居でした。
セリフの言い方や間の取り方などもとてもよかったです。

みんなの気持ちが『この一瞬に懸ける』ということに
集中しているように感じました。

ブエノスアイレスのタンゴ酒場の場面。
ロジェとレアが帰ろうとしたとき、目の前でタンゴが始まる。
それを見ているレアの表情がとても女性らしくて可愛いんですね。

一瞬、仕事を忘れて一人の女性になった表情なんです。
きっと『自分も楽しみたい』と思ったんですね。

そしてロジェさんは…というと、そんなレアの変化をちゃんと見ている。
彼女の表情の変化にちょっと心が動くのですね。

二人の間にはいつも『戦犯組織への執念』があったのだけど
この場面はそれが無くなっていてものすごく近づいているんですね。

ここの二人の様子がとても好きです。


タンゴダンサーさんたちも、いつもすごく迫力あって
目が釘付けになります。

ソラちゃんとあゆみちゃんのコンビが最強ですね。

踊っていない時もいろんなお芝居をしてるようだけど
どうしても水さんにロックオンしてるので見られずじまいでした。

後方で喧嘩してるカップルとかもいたようです。



診療所前の場面は、レアとのベンチの後、
バシュレを助けたシュミットと向き合うところで
まだかなり早いうちからロジェさんは涙声でした。

「ただ食べ物が欲しかっただけだ」という辺りからはもう
ロジェの中の怒りと落胆と恐怖…いろんなものが交じり合った
複雑な強い感情が、表情や銃を構える手だけでなく
辛そうな息遣いからもとても強く伝わってきて
ロジェの声が上がると同時に涙が零れました。

でもあの叫びは
シュミットを憎み、復讐することだけに生きた人生を終えて
新しい人生を始めるロジェの産声だったのではないでしょうか。

最初に見たときは「わぁあああ…」というまさに叫び声としか聞こえなかったのに
だんだんと泣きが入った声に変わってきて
そんなふうに感じるようになりました。


新しい人生へのスタート。
そう捉えると自然と水さん自身の人生とリンクします。



レアとのダンスがとても穏やかで優しくて
憎しみから解放されたロジェ本来の優しさがにじみ出ています。
ここの振付けがすごくロジェを表現していて好きです。

希望と愛に満ちたロジェと水さんの未来に
心からの拍手を送って幕を下ろしたロジェのマイ楽でした。



水さんがトップになってからの雪組のショーはどれも好きでしたが
この『ロックオン』は一番好きなショーです。

どの場面も水さんがカッコイイ。
水さん以外の雪組生さんたちも、とても役にはまっていて
何度みても飽きない。

でも水さんにとってはこれまでで一番キツいショーなんですね。


疲れているだろうにそれでも、どの場面においても
まったく一箇所も手を抜いて踊らないし
細かい表情や場面ごとのキャラクターの変化も抜かりない。

すごいです…ほんとうに見れば見るほど
この人の素晴らしさ、魅力、素質を感じずにいられません。

三木先生、ありがとう!
そしてなにより水さん、ありがとう!


そんなロックオンの好きなとこ

・プロローグの水さんのロン毛鬘。

・最初は水さんが銀橋に一人で登場し、その後だんだん増える、その増え方。

・一人一人、気合の入ったビジュアル。

・『yes yes yes』みなこの頬を撫でるところ。終わってみなこの手を引いて銀橋をハケるところ。

・『ピアノ』のバックダンサーズ。ヒメこまコンビが最強。

・『トロイメライ』の銀橋の歌。すごく綺麗。

・青いドレスのみなこが可愛い。ここのみなこの表情がおとなっぽくてたまらない。

・赤い花びらが降る終わり方。

・ちぎこまギャングが好きだ~。

・ラスボス@ゴールドフィンガー、最強!

・美穂さんのパンチの効いた歌声、最強!

・『so what』へと明るく転調すると同時にキャラが変化する水さん、好き。

・帽子を取ると前髪がちょっとだけハラっとするところ。

・時々『ワ~オ!』とか『ホウ!』って挟まれる声。

・可愛い娘役ちゃんたちとの談笑タイム。楽しげで好き。

・談笑タイムが終わってみんなと合流したあとはもうずっと楽しそうで笑顔の水さん。
 見てるだけで幸せ。

・この日のアドリブは「退団同期のみんなに言ってもらおう。はい、前に出て!マイクが無いなんて言わせないよ(笑)」
 退団メンバーたちはちょっとバラバラになりながらも「ワンモア、タイム~!」

 水さんは最後に「後悔しないために楽しもう~!」


・この日の日替わりはラテンでした。

・『ラビリンス』すごく好きなんだけどここに来ると「もうすぐ終わり…」って悲しくなる。

・あゆみちゃんのダンスに釘付け。

・いつも鬘の髪の毛が顔にかかって踊りにくそうだったけど、どうやら対策したみたいで
 ちょっと前髪の辺りが変わってました。

・もうここ、洪水警報なみに号泣。

・『ラビータ』への早変わりって神並みだと思う。

・美穂さんが水さんを後ろからハグするところ、愛情が感じられてとても好きです。

・ミズさんのマントを脱がせたあと、豪快に袖に投げ入れる美穂さん。

・『千価律』の大階段のフォーメーションとその変化。

・音の使い方がテクノっぽい感じで好み。

・水さんの黒燕尾のこだわりが、踊る雪組生みんなの振りや姿勢に感じられるところ。

・フィナーレの水さんのスパンのお衣装が綺麗で好きです。



羽を背負って大階段を降りてくる水さんの姿を心に焼き付けました。

もう二度と見られないであろう、大好きな水さんのさまざまな大好きな場面も。


水さんが宝塚にいてくれたこと。
その水さんと出会って、雪組のトップであった時間をともに過ごせたこと。

すべてが幸せでした。ありがとう。


その気持ちが水さんに届くようにという気持ちを込めて
幕が降りきるまで拍手を送りました。


ありがとう。
 2010_09_11



非常に複雑な問題が発生して困ってます。

同じ時を二度は生きられないから…

どうしたらいいの…?(T-T)

う~、頭痛い。
 2010_09_10



私の千秋楽が終わりました。

ロジェのシュミットとの場面から
ロックオンが終わるまでずっと涙が流れっぱなしでした。
涙腺が壊れちゃったみたいにとめどなく流れました。

幕間はさすがに泣かないでいたけど
その30分も水さんと、水さんが愛した舞台の空間を感じたくて
いつもならロビーに出るけれど今日はずっと客席に座っていました。

次に私がいつこの客席に座るかわかりませんが
水さんがいなくなった宝塚は私には別物だと感じるでしょう。

でも水さんの精神は雪組生の一人一人の中に確実に生きて受け継がれているから

いつか来られる時が来たら確かめに来ます。

東京宝塚劇場は東京中で一番私をワクワクさせてくれる
大好きな場所でした。

再びここで心をときめかす日がくるかな。

その時を楽しみに待ちたいと思います。


公演の内容についてはまた後で。

(電車の中なのに泣きそうだから)
 2010_09_10



MY楽に向かっています。

はぁ…

目の奥が痛いです。
涙を我慢してると、目の筋肉を使うんだなぁ。


昨夜は早く寝ようと思っていましたが
結局、今日の夕飯のおかずを作ったり荷物の準備をしていたら
容易く今日になってしまいました。

お風呂に入りながら「明日で最後…」と考えていたら
どうしても初めて見た『ジョイフル』を見たくなってしまい
出てからDVDを見始めてしまいました。

見てたらいてもたってもいられなくなり
水さんにお手紙を書きました。

これまでハガキばかりだった私の最初で最後のお手紙です。
手紙だと長くなって、お疲れの水さんの負担を増やす気がしたのでハガキに留めていましたが
最後に伝えなきゃ…って思ったから。

『ありがとう』を。

書きはじめたらいつの間にか便箋五枚書いても終わりが見えなくて…

また書き直し。

ようやく三枚にまとめた時は2時半でした。

三時間しか寝られませんでした。

ロジェ…

魔の時間は必ず同じ場面に来るのです。
そこさえ乗り越えれば…

頑張る!
私にとって最後の水さんの男役舞台ですから。

心と五感のすべてをフルに使って
水さんの思いを受けとめられますように。


有楽町まで充電します…
zzz
 2010_09_10



今日は休日でした。

ようやく猛暑も一段落した今日、
お天気も良かったので、久々に念入りに掃除をしましたよ。
いや、いままでも一応、毎日掃除してたんですよ。
自分の都合で忙しいわけだから手抜したくなくて
料理も洗濯も掃除も最低限のことはやって出かけるようにしてます。

単なる意地ですけどね。


そうこうしているうちに昼過ぎになってしまい
午後は学校の役員会へ。
私は一応、委員長なんていう役を荷っているのですが
もうね~、今日のミーティングはグタグタでしたね…

二ヶ月後にある文化祭の準備についての話し合いなんだけど
そんな先の未来のことは私の中で現実味が無さすぎて考えられなくて

それどころか来週のことすら実感できにくい感じ。

9月13日以降の私や、私の周りの世界ってどうなんだろうって
考えられないし考えたくない


でも、今やれることだけはなんとかやってきました。
忙しくしてたほうが、余計なことを考えずにすんでいいですね。



明日からはまた忙しい日が戻ってきます。

時は戻らない、進んでいくわけだけどね。




夕方、買い物にいったついでに『婦人公論』を買ってきました。
(Tさん、情報、ありがとうございました!

読みながら「そうそう、そうなのよ~
「そういうところが好き!」ってすごく共感しました。

そして「水さんって凄いなあ~」とあらためて思いました。


水さんの宝塚でのこれまで日々がとても深く追求されていて
客観的ながらも的確に水夏希という人の真実が描かれていました。

トップスターさんはこうあるべきです。

本当に、すごい人のファンだったんだ、私…
宝塚を見るようになって初めてファンになった人が水さんだったことって
最高に幸せなことですね。




『空から日本を見てみようスペシャル』も見ました。

「まだかなあ~、もうそろそろかな~」と待っていたら
ようやく見覚えのある建物が映った!…と思ったら
あっという間に終わってしまいました。

っていうか時間云々より、
舞台の映像がなぜ雪組じゃないのよ!

水さんの舞台の映像を映してほしかったな~。




さあ、明日からいよいよ後半戦です。

明日はとうとう、生の舞台を見るのは最後です。

しっかり見て、心に体に細胞にまで
水さんのすべてを焼き付けたいです。


ロジェの途中で意識が飛ばないように
今夜は早く寝よう… 






 2010_09_09



13時30分公演が終わりました。

ゆみこちゃん、はまこさん、さゆちゃんがご観劇。
平日ならいつか一緒になるかな…と狙ってたので嬉しかった~!

ぎりぎりで入りに間に合ったのですが
水さんがご到着直前から雨が強くなってきて
「ようやく本領発揮か?」などと冗談めいて言ってたら…

なるほどね(笑)

張り切る理由があったのですね(笑)

この雨の中でもたくさんの人がお出迎えされていて
後ろのほうにしかいられなかった私には傘の隙間から覗くしかなかったです。

綺麗な濃いめのパープルのシャツでした。
とてもご機嫌よかったように見えました。


ロジェさんはさらに進化してました。

特に最後、シュミットと対峙する場面では
シュミットがロジェの家族を殺した理由を話すあたりからものすごく泣きそうな顔になっていて
ロジェの辛さ、というより悔しさが痛いほど伝わりました。

あれは絶対、自然にそうなったのだと感じました。

でもその後のバシュレの台詞がものすごく生きて聞こえたし
ロジェがこれから前向きに生きていけるという確信を感じました。

今日見て強く思ったのは
ロジェは『憎しみだけを抱いて生きてきた』わけではなかったんだということ。

人は憎しみだけじゃ生きられない。
誰でも、どんな人でも愛が必要だということ。

ロジェはシュミットに家族を殺されたことがトラウマになっていたけど
その分、家族の愛情をとても大切にしていた。

だからリオンが刑事になった理由を聞いて彼に心を許したのだろうと思うし
殺された父親に対する思いをモニークが口にしたとき、あれだけ親身になれるのだと思います。

バシュレやヴィンセントのこともとても大切に思っていたし。

そう思うとロジェは決して憎しみだけを抱いて生きたわけじゃないと確信できます。

よかった。そう思えて。


ロックオンも大盛り上がりでしたね。

手拍子もすごい大きくて揃っていたし

アドリブはもちろん、
『今日は元雪組のメンバーが大勢来てくれました。未来さん、彩吹さんのお二人にワンモアタイムを言っていただきましょう』

『ワンモアタイム!』

ここ、確かにお二人の声が聞こえました。
かなり大きなボリュームでした(笑)

『さすが今だに息ピッタリ!』

すごい拍手が起こり盛り上がりましたよ。

今日は昨日みたいにハプニングはなかった…と思います。

今日は2階11列センター。
めちゃくちゃ目線飛ばされた…
オペラの中で何度も目が合って
ドキッとして息を止めました。

JCBで申し込みした席だったのに、美味しかったです。

ああ…でも

金曜がマイ楽だと思うと
一瞬一瞬が愛おしいほど。
大好きな月の王の最後、これ以上ないくらいの笑顔で終わった時には
この時間を止めたいと思ってしまいました。

泣いても泣いてもあと生の舞台で水さんを見られるのはあと一回。

ううう~、どうすればいいの!?



水さんの好きなとこ

その62

『豊かな表情』

ロックオンでは特にいろいろな表情が見られますよね。

クールだったり、情熱的だったり
お茶目な表情をしたかと思うと
一瞬にして大人の色気たっぷりの表情に。

一瞬たりとも飽きさせません。

楽しませてくれたり、ドキッとさせてくれたり。大好きです!
 2010_09_08



おはようございます。
またまた日比谷に向かう電車の中から更新です。

今日は台風の影響で一日雨模様らしいですね。
猛暑も一段階しそうでホッとします。

考えてみたら今回の東京公演は雨が少ない…

雪組てるてる坊主のおかげでしょうね!

千秋楽の日に台風なんていうのも
困るけど水さんらしいかも(笑)

今朝は水さんの入りに間に合うといいなと思って
頑張って9時前に家を出て来ました。
いつも家から車で出て、駅近くの一日最大300円のコインパーキングに停めるのですが
最近、そこがいつも満車になっていて困ります。

今日なんか雨のせいか
その付近にある安い駐車場はどこも満車…
探し回ってようやく少し離れたところに最大500円のパーキングを見つけまして
一番奥の一台だけ空いているところにどうにか入れて来ました。

予想外に時間がかかってしまって
電車に遅れそうになり焦った~。

間に合ったからよかったけどおかげでまた汗だく…

さすがに今朝は起きるの辛かったです。
子供のお弁当を作るので5時45分に起きますが
起き上がってもしばらくフラフラしてました。

短時間でお弁当と朝ごはんと夕飯の下準備までしてたから
どんなお弁当を作ったか今、咄嗟に思い出せない…大丈夫だったかな。

軽く頭痛もしてるし。
寝不足だろうな。

でも水さんだって最後の踏ん張りどころだろうから私も頑張らなきゃ!

ラストスパートに加え連日の猛暑でお疲れの方も多いことと思いますが
12日までなんとか体調を保ちつつ頑張りましょう!

では到着まで寝ます~〓
 2010_09_08



9月7日、11:30公演。
CO-OPの貸し切り公演でした。

いやいや…
いろいろありました。

お芝居ではカミカミ神様降臨。
ロックオンでは次々とハプニングが。

ドキッとしたりハラハラしたりしたけど
誰かしらに怪我とか危険なことがなかったから結果的にはよかった~。

『舞台は生もの』っていうのを実感せざるを得なかったです。

ああでも、
あと少しだから危険なトラブルがありませんように。


最高のお席からの観劇。
これまでムラ楽以外はすべて2階席からだったので
(ムラ楽は一階でも最後列)
今日はまるで、今まで携帯のワンセグで見てたのが
いきなり大画面ハイビジョンテレビになったみたいでした。

しかも40番なんていうセンターだから、水さんの真向かい…

久しぶりすぎて最初はどうしようかと思いました。

でもやっぱり近いと
見え方も聞こえ方も迫力がまったく違うから
どっぷり引き込まれました。

ロジェさんの人間味が増したように見えました。

バシュレやヴィンセントへの接し方の中にある優しさ。
リオンへの信頼。
そしてレアに対する気持ちの変化。
そういったものが今までより色濃く出てる気がしました。

最後の銀橋では少しウルウルしてたような気がしました。

ロックオンはそれはたくさんの目線が貰えました!
今まで、一階席だとあまり見てもらえなかったことが多く
今日も目線は期待していなかったので嬉しかったです!
プロローグは目が合った瞬間に笑ってもらえたし。
最高に幸せ…

今日はほとんどオペラ無しで見ましたが
二カ所だけはオペラ使いました。

ゴールドフィンガーのラスボス登場(笑)と
SO What?の水さん休憩所(笑)
ここは必ず見たいところなんです。

休憩所では今日はいつもよりたくさん喋ってましたね。
ハプニングのことでも話してたかな。

でもちょうど前で退団メンバーの男役さんが踊る場面だったので
オペラに大きく、そらちゃんが写りこんでしまいましたが
ものスッゴい笑顔で可愛かったです。

アドリブは『CO-OP貸し切りにお越しくださいましたお客様、いい乗りで盛り上げていただいてありがとうございます。ここでもワンモアタイム!で舞台にご協力お願いします。初めての方もご一緒にワンモアタイムですよ…全員で、ですからね。せーの、ワンモアタイム!』
『今までで一番です』
みたいな感じでした。
日替わりは今日はブルース!ラッキー!
オールバックの黒エンビの水さんが見れるから
幸せです。

月の王の場面でも背景の舞台装置に不具合があってヒヤヒヤしました。
でも水さんもみんなもいつもとかわらず素敵でした。
途中から装置が立ち治って安心したらちょうど水さんのソロの部分。
こんな間近で見ると、いつも以上に心に響いてしまい、やっぱり涙が…

水さんが渾身の力を振り絞って
もっと高く、もっと遠くに飛ぼうとしてるから。

「この人、なんて人なんだろう…」って
こんな凄い人に出会えて
今、目の前にいられて
同じ空間、同じ時を過ごして
同じ思い出の中にいることが幸せすぎて
ポロポロ涙が落ちるんです。

ああだめだ、思い出すだけで泣ける。

また黒燕尾も、今日のお席からの眺めは最高でした。

前に出て来た水さんの背景として、雪組生さんたちがすごく揃っているのが見えて
水さんがここまで育て上げたんだなあって思ったら
並んだ雪組全員に指を差し延べるところでぐっと込み上げました。

一番泣けたのはフィナーレ。
大階段の一番上にいる水さんが真正面に見えた時から
この景色を見るのは最後だと思ったらダメ。

すごい泣けてしまって、銀橋の真正面に来た水さんと
目が合わせられなかった。恥ずかしくて。

でもちゃんと見ました。
心に焼き付けましたよ。

こんなにも大きな羽根が似合う水さんの姿を。

一番大きな羽根を背負うに相応しい水さんを。

とても幸せな気持ちでした。


さあ、明日も頑張ろ!



水さんの好きなとこ
その61

『肩の動き』

黒燕尾のセリ上がりの上下の動きも好きだし
あの後には前後にも動かしてるんですね。

シャープでダイナミックな肩使いに惚れ惚れします。
大好きです!
 2010_09_07


ラスト三回

Category: 未分類  

ようやく日比谷に向かう電車に乗りました。

観劇の日はいつの時でも
いろいろ準備に追われてバタバタしているので
電車に乗ってホッとするとようやくスイッチを切り替えることができます。
車窓の景色が田園風景から都会に変わるにつれてワクワクが大きくなって行きます。

だんだんと水さんに近づいているんだ…っていう
幸せ。

今週はかなり綱渡り的な毎日です。
毎回、ヒヤヒヤするだろうな。

土日の観劇なら、子供を主人に預けて来れるので
面倒見てるかどうかは別としても
帰るまで、安全面での不安は感じることなく観劇できます。

でも今回は平日の観劇なので
学校から帰って来た息子は一人で鍵を開けて家に入ります。

今日は幸い、放課後に習い事のフットサルがあるので学校から直行させて
終わった後は、ぎりぎり間に合う時間に私が帰れるのでお迎えに行けます。
他の日は家で留守番をお願いしましたが
お友達と遊びたいと言って出かけるかもしれません。
まあ、戸締まりさえしてくれればね。

13時30分開演の時は、終わって速攻帰っても、家に着くのは19時過ぎになります。
8時間くらいかかる一日仕事です。
まだ新幹線を使うと1時間くらい早いでしょうが
何せ高くて…片道分の料金でA席で見れますもん。

格安チケットでも東京から地元までだと高くつくので、今回は対策を考えました。

とりあえず行きは毎回、普通電車。
帰りだけ一部新幹線。
途中までは普通電車で行き、その先の区間だけ新幹線にしました。
プラス700円くらいで45分くらい早く着きます。

それに加えて、駅のそばに車を置いていくので
駐車場料金が一日500円から1000円の間。

なかなか…ね。

でも
時間とお金をかけて会いに行くと得られる幸福感は
プライスレスですから!


今日はSS席からの観劇です。
7列センターは今回で最高の席。
いろいろななにかが届くといいな~。
 2010_09_07


告白

Category: 宝塚  

いよいよあと一週間。
水さんが男役を演じるのはあと9回となりました。


告白します。
あのね、実はですね…


昨日の公演がとても素晴らしかったからですよ…。
思わず欲が出てしまいました。


いや、今までだったら欲が芽生えたところまでで
「でもやっぱりなあ~…」って自制心が働いて踏みとどまったんです。

でも今回ばかりはそうはいかなかった。


『同じ時を二度は生きられないから
 そのほうが良いと思ったことをするしかないじゃない?』


レアのセリフがずっと頭の中から消えなかったからです。

「そのほうが良い」と思っちゃったんです。



でもいろいろ考えて、「やっぱりこれはあまりに自己中?」って思い
諦めようとしたんですが…

え?…諦める?

いや、諦めたら絶対後悔する!って直感したんです。


『後悔したままオレの隣に座るな!』っていう声も聞こえてきてしまったからです。
(当面、隣に座る予定はないが…)



…あらら、人のせいにしてばっかり。

ごごごご、ごめんなさ~~~い!


とにかく。

もう一回、観劇日を増やしちゃったってことですよ!


八回目です。
当たり前だけど過去最高(自分比)。

火曜日、水曜日の13:30公演に加えて
金曜日の同時間公演を追加。


それに加えて12日は千秋楽ライブ中継が見られることになりました(Gちゃん、ありがと~~!

嬉しい~!

(中継でもポンポンとかペンライト使えるのかな?)


ちなみに日比谷に行かない日の予定は

月曜日…合唱団
水曜日…学校役員会
土曜日…長女の学校の運動会(これがかなりの大仕事…)


大丈夫なのか、私…?
そして家族は…

ごめん、あと一週間だから、母の暴走を許してください…



体力的にも精神的にも
自分に自信を持たないと、乗り切れないかもしれないけど

水さんの頑張る姿を思ったら
こんなの大丈夫!大丈夫!


さあ、あと一週間。
限界に挑戦だ! 




 2010_09_05


9月4日

Category: 未分類  

地元ママヅカ友のよっちゃんママと一緒に
11時30分公演を見てきました。

今日は及川光博さんがご観劇だったそうです。
ロックオンの中詰めで水さんにふられて
『ワンモアタイム、ベイベ~!』とファンキーな掛け声で参加。
客席も舞台の上も、みんな大盛り上がりでした。
水さんも『ご共演ありがとうございました!』と。
その次は今日もラテンバージョンでした。
ブルースはレア物なんですかね?

『ロジェ』はお芝居の運び方がかなりゆっくりになっていました。
台詞の言い方もゆっくりめで丁寧になっていて、聞き取りやすかったです。
終演時間にして5分延びてはいましたが
伝わってくるものが先週見たときのお芝居よりもずっと多くて
私はこのほうが好きです。

途中、コンマ数秒、意識が飛んだけどね…

先週よりも体温を感じられるロジェさんでした。
なんか好感度アップしてるじゃない!

それだけにシュミットを目の前にしての葛藤の場面の緊迫感がやたら際立って感じられて
ロジェの苦しみが一段と実感しやすかったです。

その後、タンゴ酒場でレアと今後について話す場面では
ささやかながら希望の光が見えて、初めてホッとできました。

こんなにも違いを実感できるものなんだなぁ。

今日で五回めの観劇になります。
一つの公演をこんな何度も見るのは初めてです。
飽きないどころか、見るたびに『もっと見たい!』と思ってしまいます。

不思議…

あ、そうそう。
ブエノスアイレスのロジェさんの部屋のドア、
建て付けが悪くなってるのか
すごく開けにくそうでした。
一度引いただけでは開かなかったみたいで、二度めに開きました。
治してあげてほしい~。
余計な力を消耗させないでください。

今日は私、余計な買い物しないように、キャトルには入らないつもりでした。
でも娘に紅ゆずる君のブクマを頼まれていたので
幕間にお昼を食べた後、あと10分というぎりぎりな時間に行きました。
時間なければ余計な買い物しないで済むかと思って。

そしたら、さゆみのブクマは完売となってて再入荷も未定とのこと…
すごすごと席に帰る途中、ロビーの特設グッズ売り場で
水さんのお写真を手にしたお姉さんが目に留まりました。
そのお写真を近くで見ようと寄ったところ
それは大劇楽の出の時のお写真のクリアファイルで
『ロジェ、ロックオン』のDVD、先行予約特典だと言うではありませんか!

思わず予約してしまいました。
だって、来週取りに行けるから…

罠はキャトルの外にありましたよ。


買わなきゃいけないグッズがどれだけあるか
確認しとかなきゃね…。

あと三回。
頑張る!



水さんの好きなとこ

その59

『小道具の扱い方』

どんな些細な動作でも、舞台の上で見せるものは
研究し尽くしているんだろうと思います。

今回はロックオン中詰めで、銀橋から舞台に戻ったあと
コートを脱いで、帽子を下手の幕に投げ入れるところ。

かっこよくて大好きです。
 2010_09_04



暑い…暑すぎる

去年までの日本の夏の暑さとは違う気がするんだけど
これが気のせいだったら嬉しい…。

今日は午前中に皮膚科の予約を入れていたのですが
エコと運動不足解消のために自転車で行ったところ
ほんの三分くらいの間だったのに、病院に到着した時は
恥ずかしいくらいの大汗まつり…

涼しい待合室が天国に感じたよ~。

きっつい日差しに加え、あの湿気…勘弁してくれ~
これからの日本の夏は、毎年こんななのでしょうか…?

やだなぁ~…。

どこか気候のいい、暮らしやすい海外にでも移住したいです。

主人の転勤とか…ないかな~。

今までは「水さんに会えなくなるから絶対嫌だ!」って思ってましたが
これからはあれほどまでに後ろ髪引かれるものは無いもん…

とか思った頃には、転勤の話など来ないものですよね~





さて
「水さんのご卒業まで一ミリたりとも悔いのないように」過ごしたい私ですが

実はすでに、悔やまれてならないことをしでかしてます。
ダメじゃん、私…


それはお茶会での出来事。

あの日、まさか握手があるなんて思ってなかったのです。
もしも、ちょっとでも私の頭の中に
『今日は水さんと握手できるかも…!?』って過ぎっていれば…

絶対に一番に対策を考えたのに。

ハンドケア


お茶会の前日まで、家族でグアムに行っていたのですが
海やプールで着た水着とか、靴下や下着のようなちょっとしたものはホテルの洗面台で洗濯してたんです。
自宅でなら手洗いするときは手袋をつかうけど
さすがに旅行先にゴム手袋は持って行かなかったから素手で…これが過ちの元凶


その影響はすぐに私の手肌に表れて、
一番弱い指先かなりガサガサになってしまいました。

しかも暑くてハンドクリームとか塗りたくなくて放置していたものだから
潤いもなくかさつきは増していくばかり。
これが冬だったら、寝る前にハンドクリーム塗ったくって
きっちり手袋はめて寝るんだけどね。


そんな酷い状態での握手…でも、まさか辞退するわけにも行かず
水さんの細くて綺麗な手をそっと握りながら
「水さんごめんなさい!」って言いたかった。

でも違うこと言っちゃったんだけどね…


爪だけは一応、マニキュア塗リ治していったんですよ。
でも見た目だけ綺麗にしても、握手した手が荒れてたら…
最悪ですよね。

それこそ皮膚科の先生に「ソッコーで治る薬くださいっっっ!」って
泣き付いてでも改善してから行くべきでした。


あああああ、悔やまれる~





お手紙で謝っておこう…。

 2010_09_02



九月に入りました。



なんだか…あっという間すぎる



娘の学校の新学期も今日から始まりました。

この夏休みはいっぱい遊んで楽しかった~。
いろんなところに行って、いろんな人と会って。
初めての体験もたくさんしました。


そのうちの一つが『ムラ遠征』

とても幸せな時間でした
短いと感じる夏休みなのに、ムラに行ったときのことは
なぜだかとても昔のことのようです。

不思議…

楽の前日の貸切公演。
初見は心が震えたほど感動した。

久しぶりの関西も阪急電車も懐かしかったし
大劇場はもちろん、音楽学校やその周りのお店や施設も楽しんできたし
暑さと足の痛みに耐えながら、花の道で水さんを待ち続けた三時間あまりの時間も

サヨナラショーで使ったポンポンを膝の上に置いてたら
私が零した涙でポンポンの色が落ちたらしくて
新品の白いカットソーに黄色い色が移っちゃったことも

歩き続けて疲れた夜にパワーを回復するために
娘と食べたしゃぶしゃぶの味も
帰る前に食べたねぎ焼きも。

20年ぶりくらいに乗った高速夜行バスの進化に感動したことも。

今となってはとても愛しい思い出です。


そういえば~
スカステで水さんのムラ楽の入りイベントの映像が流れますが
私たちあそこにしっかり映っているんですよ。

車から降りた水さんが、てるてる坊主ちゃんたちを見て
『わ~っ』て笑った後の辺り。
私と娘は水さんが映る背景の一部になって、すごいニコニコ顔で拍手してます。

水さんと一緒に映っちゃった…しかもこんな時の映像に。




いろんな廻り合わせで実現した、楽しくて幸せだった一日です。

楽のチケットが無かったらムラの楽には行こうと思わなかったし
家族の合意と協力がなかったら行けなかった。

平日だったけど、夏休みだったから行けました。

もし台風でも来ようものなら足止めを喰ってたかもしれないしね。
(水さんだし~…)


娘と二人旅ができたのもタイミングよくてよかったです。
来年は受験生だからこんなことできそうにないし。

将来、二人して宝塚に夢中になっていた時代のこととともに
この楽しかった旅行を思い出すだろうな~




最近になって、あの旅行中のことで嬉しいことがひとつ、増えました。

楽の前夜、
私たちは大阪・梅田のホテルに宿泊しました。

翌朝も早くチェックアウトするし、寝るだけなので
交通の便が良くて安いビジネスホテルのに泊まりました。

部屋の小さな窓から、大阪の街の夜景とともに満月が見えていました。

街の明かりにも負けずに、澄んだ光を放って輝く月に
一日の疲れが癒されるように感じていました。


そうしたら…

水さんもその夜、その月を眺めていたのだそうです!!


お茶会でも、そしてスカステのサヨナラ特別番組でもお話されてました。

楽の前夜はやっぱりなかなか寝付けなかったそうで
窓から月を見ながら横になっていたのだそうです。


ああ、同じ月を見てたんだ
しかも結構近いであろう場所で…(自分比)


そう思うとあの月が、より特別なものに思えてきてしまいます。

写真とっておけばよかったなあ…


でも心のメモリーにはしっかり残っています!




『月の王』の場面がやっぱり好きで
あの場面を見るためだけにもう一回、増やそうかと思案中です。








 2010_09_01




08  « 2010_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ルカ

Author:ルカ
2007年夏の終わりに水さんとの運命的(?)な出会いによって
私の人生が劇的に変わりました。
宝塚は卒業されてしまいましたが水さんのことが
相変わらず大好きです!(#^.^#)
ずっと応援していきたいと思います。

現役さんでは雪組の望海風斗さんを応援しています。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。