上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



11時半からの公演を見てきました。

夏休み最終日の娘と一緒でした。
ちなみに娘は今日を最後に、しばらくは観劇をお休みするのだそうです。

娘の学校の合唱部は、先日のコンクール県大会で金賞を受賞して
県代表で関東大会に進むことになったので
これからますます練習も忙しくなるし、
県芸術祭にはダンスでも出ることになっているので
多忙を極める日々になりそう。
もちろん勉強もがんばらせないといけませんし
タイミングを考えるとちょうど良かったかもしれませんね。

あ、でもゆみこちゃんが出る『COCO』は見に行きたいと思ってるみたいね…。



今日は一般発売で取ったB席で2階の15列上手寄り。
これまで見た中でも最高に高い位置からの観劇でした。
『見下ろす』っていう感じですね。


席のせいもあるのか、お芝居はちょっと声が届きにくい印象でした。
さすがに四回目だったから私は困惑しなかったけど
これが初見だったら厳しかったかもしれないな…。


水さんも少しだけお疲れ気味だったかな?

でも考えてみたらお休み明けだし、11時半からだから朝早いせいもあったのかな。
ロックオンの中盤くらいからは調子を取り戻してました。



今日はだいぶ冷静に見られたつもりです。

オペラなしで舞台全体を見る時間が多かったので
今まで気付かなかった発見もあって楽しかったです。


ロジェさんはいつでも、言うまでもなくカッコイイのですが
特にカッコよくて惚れ惚れしてしまうところが何箇所かあります。

そこで今日はいつもの「水さんの好きなとこ」に代えて特別企画。

 ロジェさんの好きなとこ! 

①プロローグが終わって再登場するときの
ソファでの寝姿。

寝ててもカッコイイです


②ゲルハルト(ボルマン?笑)の倉庫の場面。

カウフマン達に掴まったレアとヤコブを助けようとして
銃を構えて壁際で潜む立ち姿がカッコイイ

以前とても好きだった『あぶない刑事』を彷彿とさせます(古いですね)。


③ゲルハルトが殺された後に彼の自宅でクリスティーヌとモニークの話を聞く場面。
テーブルに腰を掛ける姿がめっちゃキマッってる!

お行儀悪いけど、カッコイイから許します(笑)


④ラスト、タンゴ酒場の場面

レアとちょっとだけ踊ったあとに、離れて行きそうになったのに
寸前でレアの腕を「がしっ」と取って再び踊るところがステキ


⑤ラストソングの銀橋の場面。

立ち方、振り向き方、視線の流し方…
すべてカッコイイです


番外編
パリ市警察署で花帆杏奈ちゃん演じるカーミラと言い合う場面。
ロジェの皮肉たっぷりの嫌味なものの言い方が
夏前までフジテレビでやっていたドラマ『チームバチスタ2・ジェネラルルージュの凱旋』で
仲村トオルさん扮する厚労省の白鳥さんみたいでした。

白鳥さんもいつもスーツ姿だったし、切れ味のいいナイフみたいな喋り方が小気味良かったです。





『ロック・オン』も四回目にして初めての発見が多々ありました。

いままでいかに水さんしか見てなかったのか、思い知りますね。



プロローグって、みんなの鬘がものすごいことになってたんですね!!

づっくんとかちぎ太さんとか、嵩がすごいし。
ひーたんなんかハリネズミみたいじゃないか?

完全にロックスターを超えて、ヘビメタの域だな…。
でも、あれ考えるの楽しかったに違いないですね。

ともかく賑やかに始まってくれるので、エネルギーもらえます。


あ、そういえばまるっきり話が飛びますが…

今日の席から見るとオケボックスが丸見えなんですね。

ピアノの場面の音楽が好きなんですが、あそこのピアノは
二人で連弾してたんですね。

楽しそうでいいなあ、弾いてみたい!



だけど『SO WHAT?』では銀橋に並んだ面々がそれぞれ誰なのか
今日の席からだとまったくわかりません…。

コマの登場の仕方が華々しいのが嬉しい!(今さら…)
でも著作権でCDでは割愛なんですね
ってことはDVDも?えええ~?

『ワン・モア・タイム』は水さんが客席に向かって「もっと拍手を!」みたいに煽ってから
自分で言ってました。
最後に「タカラジェンヌはみなさんの拍手で動いています」みたいなニュアンスのことを言ってました。
早口だったけど噛まなかった、よかった!



『ショータイム』今日はラテンバージョンでした。
娘はブルースが見られず終い…残念がってました。

ま、仕方ないです。


『月の王』の場面

今日は鬘がいつも以上に乱れてしまって
目にかかったりしてたのでちょっと踊りにくそうでした。
汗ではりついちゃったのかな。

美穂さんのカゲソロの歌は歌詞に
月→花→宙→雪
が順番で入ってるんだということも、今日になって聞くことができました。

でもキムのカゲソロになると聞く余裕がなくなっちゃって…ダメだ。


あそこの水さん、キレイすぎるんです。

キレイすぎてあまりに現実離れしちゃってて
見てるほうもトリップするんだと勝手に納得してます。




明日から九月。

ゴールが確実に近づいてきました。



たぶん、中日過ぎた今くらいの頃が、水さんも一番しんどいんじゃないかな?
心身ともに、一番の山場かもしれません。

ここが頑張りどころなのかも。

私も来週末まで
気持ちを引き締めて頑張って行きます。



↓遅くなりましたが拍手コメントのお返事です。




スポンサーサイト
 2010_08_31



今日、合唱コンクールの県大会が終わりました。


金賞の二団体が関東大会に進むことができるのですが
残念ながら私達の団体は銀賞でした。

いつもエントリーしているコンクールよりもランクを上げて
今回初めて参加した大会だったのですが
やっぱり壁は高かったです…

でも多くのことを学べた気がしているし
なによりも本番の舞台でひどい緊張もせずに
とても楽しく歌うことができたのがよかったです。



県大会の会場は、私が初めて水さんと出会った場所。
2007年の9月に全国ツアー公演を見たのと同じホールでした。

私にとって特別な場所です。

同じ舞台に立てることはとても感慨深いものがありました。
楽屋とかもきっと同じ場所なのかな~などと
ふと考えては嬉しくなったり…(単純)。



実は、金賞を取っていたら次の関東大会は
千葉県の市川市文化会館だったのです。
やっぱりここに行きたかったなぁ。



さて私の夏休みの大きなイベントも今日で一段落。

明日から長男の小学校も新学期です。


これで、この先は心身ともに水さんのご卒業公演に集中することができるようになりました。


これまで夏休みや日常のことに追われてましたが
明日からは出来るだけ、残りの観劇に集中して
自分に出来るだけのベストを尽くしていく予定でいます。


明後日、ロジェさんに会いに行きます。





 2010_08_29



『ロジェ/ロック・オン』
東京公演、今日初めて見ました。

もう中日も目前だというのに…。


今日は2階の13列という倹約席でしたが
どセンターだったらしくて、水さんの熱視線ビームがもう…
これでもかというくらい注がれるお席で
もうそのたびに息が止まるほどの幸福感でございました。

今日くらいは『水さんロック・オン』は解除しようと思っていたのに
水さんが見てくれるから結局オペラ稼働率がほとんど前と変わらなかったじゃないすか!

(すみません勘違いはなはだしくて)




ほぼ一ヶ月ぶりのロジェさんとの再会。

お茶会での水さんのお話の通りで
より復讐への執念を静かに燃やしている雰囲気が漂っていました。

周りの人とのやりとりの中にも、以前よりも気安い雰囲気が少なくなった感じでした。

そのせいなのか、リオンとの間柄が大劇のときよりも親密に感じました。
ロジェがシュミットを探す24年は孤独な戦いのように見えるけれど
実は影で力になっている人が何人もいて
その中でもリオンは、ロジェの中ではかなり信頼度が高い一人なのだろうと感じられました。

それと、シュミットを撃てなかったときの叫び声が、かなり悲痛になってた…。
叫び声というよりは泣き声のように聞こえて
ロジェの悲壮感が伝わって来て、ものすごく胸が痛みました。

24年間、一瞬たりとも忘れたことが無いほどの憎しみ…。

私にはとても想像できないし
たぶん現代の日本に暮らしている、ほとんどの日本人には
これほどの憎しみを抱えながら生きる人はいないだろうと思われます。


最後の場面でこれまでは銀橋で組子さんたちに送られる水さんに涙していたのだけれど
ふと「ロジェはこれからどうやって生きていくのだろう?」と
今日、初めて考えました。

そう思ったのは、決して「三度目で慣れちゃったから」ではなくて
ロジェが以前と変わったからなのかもしれません。


あ、あと
レアの大人っぽさが増していた!

とくに診療所の前のベンチの場面なんか
とても包容力に満ちていて聖母のような慈愛を感じましたよ。
『同じ時を二度は生きられないから…~』のセリフも前よりもずっと自然で
とてもすんなり聞けました。

レアという女性が、みなこちゃんの中にかなり溶けこんできたんだと思いました。



『ロックオン』はなるべくオペラ外しましたよ。

そしたらああ、すごいんですね、オープニングのきらびやかさ!!(今頃)

人口密度高いうえに、あのキラキラのお衣装だから
眩いほどの豪華絢爛さ。

かっこいいわ~


今日は手拍子がちょっと寂しかった…と思ったけど
前に見た二回が特別だったのですね。
(前々楽と大楽)

私の近辺の皆様はまったく手拍子されて無かったです。
でも一人で頑張りましたよ。

水さんの雪組はなんていっても
 『客席参加型』 ですからね。

客席参加に慣れすぎてしまって、オープニングの『ロックオン、ロックオン』のあと
 you,you,you』 と、
一緒に口ずさみそうになるのは私だけですか?

やばいやばい…


オペラ座の場面、水さんが登場した途端に
お茶会での鬘の話を思い出して笑いそうになってしまいました。

ご存知ない方のために…。

以下、水さんの言葉要約です。
『あの髪型、前はリーゼントで後ろはロングって宝塚では結構あるけど、実際にはありえないと思いませんか?
彼は髪を洗って下ろしたら…おかっぱ?』(笑)


お、おかっぱ…?

素敵な場面なのにね、次から笑いを堪えることになっちゃったらすみません


最後、みなこちゃんの顔を見て一瞬『はっ』として、そのあと切ない表情に変わるところが好きです。
あ、ここのみなこちゃんも聖母のようでした。



『SO WHAT?』もね、全体をよく見られました。
水さんが登場するまでは…です。

ずらっとスーツのメンズがならぶと壮観ですな。
オヅキくんのクールガイが何気に好物かな
あ、水さんが登場するまでは、です。


ゴールドフィンガーなんか、あの席からだと
水さんの指ビラビラが目の前だもんで、くすぐったくなります。
(だから勘違いごめんなさいっっっ!

美穂さんのパンチの効いた声もステキです。


あ、そうそう!
今日は湖月わたるさんが見にいらしていて
『ワンモアタイム!』はわたるさんお一人での掛け声でした。

水さん、最後はける前に「相変わらず男前だな~!」って言ってたと思います。



そして今日、ようやくブルースバージョンを見られました!
オールバックでキラキラついた黒燕尾の水さん。
そして中堅メンバーの渋いブルースで。

私、こっちが好きかも~!

また次もブルースが見たいです。


『ラビリンス』も頑張ってオペラ外しました。
これはぜひとも二階席からも見るべき。
すごく綺麗です。

あの妖しげな雰囲気、物語が感じられてとても好きです。

ああ、でもやっぱり。

月の王子が再び立ち上がって踊るところは
この時の水さんを一瞬たりとも見逃したくなくて
オペラを覗きながら涙ぼろぼろ零してしまいました。


ここのキムくんの影ソロの歌詞、
頭言葉をつなぐと『ミズナツキ』になるって知って
歌を聞きたいのに、いつも水さんにドキドキしてしまってまだ聞けてません。


あの輝く朝日の光の中で
より高みを目指して空に手を伸ばして飛び続ける水さんを見てると

水さんに対するいろんな、言葉にできない想いがこみ上げるのです。


幸せで愛しくて満ち足りて
でもって
悲しくもあり


ほんと、いろんな気持ち。


出会えてから今までのことが頭の中に過ぎったこともあるし

その間に感じたいろんな気持ちも思い出したり。

だめですね、あの場面だけは。



極楽鳥さんたちが出てきて、どうにかクールダウンできます(笑)。



でまた、黒燕尾で最高潮にバクバクして
息が止まるわけですよ。

ここ。
今までも雪組の大階段の黒燕尾は揃ってて綺麗と思ってましたが
今回はまるでドミノの駒みたいに揃っていますね。

すごい、気合。


それでそれに見とれているとセリ上がってくる水さんの
肩の動きがなんとも好きです。

あと、ジャンプも。


銀橋で組子みんなに水さんのパワーを送るところに来るともう涙腺は限界です。


でもお茶会で水さんが『泣いてて見逃すことがないようにしてほしいです』って
言ってたから、どんなに泣いても目を逸らさないぞ!

40過ぎのオバちゃんがダ~ダ~泣きながら
舞台をガン見してるのって、ものすごく見苦しいだろうけれど
どうかそっとしててくださいね



予定では残り三回です。

あと三回しか、男役の水さんにドキドキできないと思うと
なんだかいても立ってもいられなくなって
もう一二回、増やそうかなとマジで考えます。


子どもの学校が始まればなんとか行けるかな。

今はまだ夏休みなので身動き取れにくくて
今日も十歳の長男を夕方まで一人で留守番させての観劇でした。

都内に出るのに時間かかっちゃうので辛いです。

今日は行きだけ新幹線で時短を図りましたが
A席チケット買えちゃう金額だと思うと…辛い。
帰りは在来線で二時間半かけて帰りました。


2週間、都内にウイークリーマンションとか借りて暮らしたい。


無理です…






とにかくどんなに泣いてもあとわずかになってしまった時間。
一回一回、大切に
幸せな水さんの姿を心に刻んでいきたいです。








 2010_08_25


永遠の一秒

Category: 未分類  

水さん最後のお茶会が終わりました。

ざっと1500人くらい来てたと思うのになんと、握手がありました!

前回が無かったので、今回も無いものだと思っていたのに。

握手は本当に一瞬でしたが
ちゃんと一人一人と目を合わせてくれて
優しい笑顔で手を握ってくれました。


水さんに伝えたかった言葉
『ありがとう』と『大好きです』

どちらを言おうか直前まで迷ったけど
両方言っちゃいました。
だって最後だもん!

水さんは本当に優しく微笑みながら頷いてくれました。

水さんの手はほんのり暖かくて柔らかかったです。
あれが舞台であれほど男らしい男を演じる人の手とは思えないほど華奢で。

近くで見ると一層、細くて顔も小さくて。

一秒あるかないかの間だったけど
私には永遠に忘れられない感動です。

握手するまでは不思議と緊張しなかったのに
終わって席に戻ったら一気に胸がバクバクしました。

不思議だ…(笑)


さて、家族や親類と過ごした夏休みは今日で終わりです。

非常に長くて、非常に濃くて、少し疲れた…

でも今日のお茶会を皮切りに
私の、水さんを送る日々が始まりました。
疲れたなんて言ってる場合じゃありません!

とっても幸せだったお茶会の感想はまた改めて。

9月12日まで、悲しまないで水さんを送れるように
頑張るのが私の目標です。

あと三週間、1ミクロンたりとも悔いを残さないように。
体調にも気をつけながら走りきりたいです。
 2010_08_22



お誕生日、おめでとうございます。

宝塚の男役で迎える最後のお誕生日。


雪組の仲間に
ファンの皆さんに
大切な人たちに
どんなふうにお祝いされたのでしょうか。

きっと素晴らしい一日であったことと思います。

そして
これからの貴女の日々が更に更に
幸せに満ちた素晴らしい時間となりますように。

心より祈っております。

大好きな水さんへ。

ルカより
 2010_08_16



すっかりお久しぶりです。

私はどうにか元気ですが、次から次へと夏休みのいろんなイベントがあって
パソコンを開くことすらできず一日が終わってしまう日があったりして
そらもう大変ですわ…


でも遠征でのすばらしい思い出がエネルギー源になってて
どうにか夏バテもせず頑張れています。

やっぱり水さん最強!!



今日から数日の間は実家へ帰省。
帰宅したらすぐに旅行です。

水さんの卒業公演が夏休み中っていうのはやっぱりハードだわ。

まあでも、夏休み中だったから遠征もできたわけだし
休み終わり頃は平日公演にも行けるのだからよかったのかも。

いよいよ明後日には東京公演が始まっちゃうんですね。
台風がちょこっと心配ですが…


ってことで、今日の雪組稽古場ニュースは家族の誰よりも早く起きて
ゆっくりじっくり堪能しました。


水さん、最後のお稽古場。


水さんの姿が映った瞬間「ああ…また痩せちゃってる…」って思ってしまったけれど



ロジェを演じる水さんからは、ものすごい『強さ』を感じました。

気迫が凄かったし、ロジェ自身の感情が溢れ出ているように見えて
まるで自然にそこにいる『一人の男の人』の姿でした。


『ロック・オン』でも全身全霊を込めて力強く歌い踊る水さん。

周りの組子さんたちも、とても真剣に集中しているのがわかりました。



絶対に素晴らしい舞台を見せてくれるでしょう。



私もムラの千秋楽で、『もう全部見終わっちゃった…』みたいな気持ちになってしまったけれど
やっぱりそうじゃなかったですね。


まだまだ!


水さんも雪組生さんたちももっともっと日々、進化して凄い舞台をつくって
9月12日まで、私達を感動させてくれるんだ…。

それを確信できたお稽古場映像でした。



ロジェの最後の場面。
後ろで全雪組生に見守られながら
水さん一人が銀橋に立って歌うところ。

水さん、ちょっと感極まった表情でお稽古場を見回したように見えました。


18年間、汗と涙を流したであろう場所。
胸がいっぱいにならないわけがありません。


100811_0734281_convert_20100811093402.jpg



でもロック・オンではこの笑顔。

100811_0742401_convert_20100811093531.jpg



溢れんばかりの想いがいっぱい詰まっています。

100811_0750261_convert_20100811093703.jpg





あ~
また泣かされちゃうなぁ…



でも
最後の最後まで、まばゆいほど輝くであろう水さんを見守り続けていけることが
とても幸せです!



 2010_08_11




07  « 2010_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ルカ

Author:ルカ
2007年夏の終わりに水さんとの運命的(?)な出会いによって
私の人生が劇的に変わりました。
宝塚は卒業されてしまいましたが水さんのことが
相変わらず大好きです!(#^.^#)
ずっと応援していきたいと思います。

現役さんでは雪組の望海風斗さんを応援しています。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。