上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



雪組千秋楽、おめでとうございます。

そして退団者の皆様、ご卒業おめでとうございます

今日は朝から眩しいほど晴れ渡って
東京にもようやく春がやってきたような一日でした




昨日の日記では『お見送りに行きます』と書きましたが
残念ながら家庭の事情で行けませんでした。

遠くから思いをはせながら過ごしました。



ハマコさん
迫力のある歌声と、いつでもどの役でも完璧な演技力で私たちを魅力してくれました。
雪組の副組長として、そして同期としていつも水さんの近くで心を配り
影で支えてくださってありがとうございました。

じんじん
しなやかでバネのあるダンスがとても好きで、惚れ惚れしました。
明るいキャラクターも大好きでした。ありがとうございました。


さゆちゃん
可憐な少女から大人っぽいお姉さんまで、幅広い役を魅力的に演じられて
特に『シルバーローズ』のアナベルは永遠に心に残るほど大好きでした。
貴女の可愛らしい笑顔にいつも癒されました。ありがとうございました。




ゆみこちゃん
あたたかな歌声にいつでも癒されました。
安定感と包容力のある演技が大好きでした。
優しげな笑顔に心がほぐれました。
水さんとのコンビは史上最強でした。


水さんの支えとなってくれたこと
娘の『理想のお姉さん』になってくれたこと


心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。



とても寂しいけれど
決して忘れません。



ご卒業、おめでとうございます。



スポンサーサイト
 2010_04_25


笑顔でね。

Category: 宝塚  

たった49枚だもんね。
ディナーショーの時よりも厳しかろう…。

千秋楽の立ち見席チケット。
ダメ元と思いながらも、やっぱり諦め切れなくて
固定電話と私と娘の携帯でかけまくったけど

やっぱり奇跡は起きませんでした。

素晴らしい舞台となりますように祈っています。




昨日、関西に住むお友達がお昼の公演を見るために上京したので
観劇前に一緒にランチでも…ということになり私も日比谷に向かいました。

そしてちょうどタイミングよく入り待ちをすることができました。

考えてみたら出待ちは何度かしたことがあったけど
入り待ちというのは初めて。

昨日の日比谷はちょっと雨模様ではあったけど、夜の出待ちに比べたら
明るい昼間の入り待ちのほうが見えやすくていいものですね。

傘をさしたり帽子をかぶっている組子さんも多かったけど
それでも結構わかりやすかったです。


ひろみちゃんは相変わらず可愛くてお洒落さんでした。

づっくんは待っていてくれた皆さんとにこやかにコミュニケーションをとってから
楽屋入りしてました。いいなあ~。

金髪がまぶしかったちぎちゃんの細さにあらためてびっくり。

ハマコさんの天使模様の傘がと~ってもステキでした。
ハマコさんもやっぱりファンの方とにこにこおしゃべりしてました。

昨日は真冬の寒さ、しかも時折、小雨が降ってくる空の下でしたが
どの会のかたも傘も差さずに待っていらっしゃってホント、頭が下がります。


お約束の時間を少し過ぎて、ようやく水さんの車が来た!…と思ったら
なんと、ちょうど私が立っていた場所の目の前で車から降りて来られ
すごく動揺してしまって咄嗟に携帯のカメラモードをわざわざ切り替えるという大失態をしてしまい
あわあわしているうちに水さんは楽屋口にむかって歩き出してしまいました。
結局、水さんの横向き姿しか残せませんでした。

アホだわ、私。

でも落ち込んでる間もなく、水さんが楽屋口で振り返って手を振ってくれたので
「頑張って!!」という気持ちを込めて手を振りました。

どうかまた胸が苦しくなっていませんように。





その後、だいぶたってからゆみこちゃんが到着。

またしても目の前に車が停まったので「次こそは!」と意気込んでいたのに
車から降りてきたゆみこちゃんがあまりに可愛かったのに見とれてしまい
一瞬、写真を撮るのを忘れてしまいそうになりました。

なんか…神々しいような、余分なものが一切そぎ落とされたような
清清しい美しさに感じました。

雲に覆われた日比谷の空の下、ゆみこちゃんの笑顔が
泣きたくなるほど眩しかったです。



その後キャトルにて
彩吹真央ディナーショー&サヨナラショー『Thank you』のDVDを買いました。

なんというか…まさに『複雑』な気持ちというしかない

楽しみにしてたけど素直に楽しめなくて
嬉しいけど嬉しいだけじゃなくて
でもやっぱり映像の中でゆみこちゃんは最高の歌声と最高の笑顔で


楽しく見ていてもあらゆる思いが頭の中を駆け巡ってしまいます。


でも
「ゆみこちゃんに最高の形で卒業してもらいたい」という気持ちで
みんなでやれるだけのことをやった一つのカタチとしてのこのDVDは
ベタな言い方だけど『彩吹真央と彼女を愛した多くの人たちの愛の結晶』なので

やはりこれは 『宝物』 に違いないです。

この中には幸せだった時間がいっぱい詰まっています。




明日
たくさんの幸せをくれたゆみこちゃんに『ありがとう』を言いに行きます。




笑顔でお見送りできますように。
頑張れますように。







 2010_04_24


許されるなら

Category: 宝塚  

ああああああああああ~



…すみません。


今、私の中のあらゆる引き出しが飽和状態です。



やらなければいけない仕事。
年度始めの総会。
書類の作成とか整理作業。

今年、これまでの地域育成会の理事に加え
学校の役員の委員長もやらねばならず
いろんなことを覚えて整理しなきゃならないし
何気にプレッシャーもあって…はぁ~…

いろんな仕事に追われて心身ともに疲労しながらも
頭の中では「ああ、あと○日。あと○公演…」と悲しいカウントダウンが。

みんな…とくに水さんが今どんな気持ちでいるだろうと思うと
所詮、私なんかに何もできないけど、何かもどかしい気持ちになる。

頭の中がもういっぱいいっぱいです。



たとえ少しだけでもいいから
足を止める時間が欲しい。

そしてその時間を束ねて水さんにプレゼントしたい。



でも夜は明けるんだな、確実に…




先週末、『マイ楽』となった公演を見ました。

舞台から伝わってくる空気が、なんというか…たまらなかったです。

たぶんこれは、東京宝塚劇場の舞台の神様が泣いてたんだと思います。


私も涙腺を閉めるバルブが壊れちゃったみたいで
ゆみこちゃんとお揃いのNatsuki Mizuのハンドタオル(ブルー)がぐっしょりになってしまいました。



私の隣では
大好きなゆみこちゃんの姿を一瞬たりとも逃さずに
目に心に焼き付けようと
息を詰めながら舞台を見つめる娘。

娘にとっても最後のゆみこちゃんの舞台姿でした。
そして最後の宝塚観劇なのだそうです。

本人は『泣かなかったよ』と誇らしげにしてました。
時々、そっと涙を拭っていたように見えたけどね… 


ではようやく『Carnevale』のツボについてです。

長いので畳みます。







 2010_04_22



今年の春はおかしな天候が続いてますね。
暖かい日はめっちゃ暖かくて、お昼なら外でもシャツ一枚でも十分なのに
寒い日はダウンコート着ちゃうくらい冷える…。

わが家のあたり、今日は風はちょっと強めでしたが
わりと暖かくて洗濯物がよく乾きました。

でも今夜から冷え込んで明日は一日冷え込むらしいです。

体調管理をしっかりしなければ。

雪組さんたちも折り返し過ぎましたが、どうか千秋楽までみんなが元気でありますように。
そして願わくば、千秋楽は暖かな春らしい一日であってほしいです。


幸せだったお茶会の翌日から毎日、ずっと忙しいです。
月末まで、年度始めのイベントが続きます。

明日は娘のクラス担任の先生が家庭訪問に見えるし
あさっては息子の学校で授業参観と懇談会。
来週はPTA総会と育成会の総会。
こちらは両方とも役員なので、大勢の前で話しなきゃならないし
資料も作らなきゃならず、パソコンと格闘の日々です。

月末には娘のほうの懇談会&総会。

それが終わるとゴールデンウイーク…。
なんか疲れる。


合間の週末に観劇が入ってます。
オアシスだ…

『ロジェ&ロックオン』の友の会チケット入力もしなきゃ。




そんな忙しい日々の中、誕生日を迎えました。
バタバタしてて意識せずにいたので、テレビなんかで『4月14日』って耳にして
ようやく「あ、誕生日だった!」って思い出したりして。

自分の年さえもこの期に及ぶと
悪意はないのに間違えたりする…って、マジにやばいのか…

ていうか、大台に乗ったとほぼ同時に
「一年や二年、どうってことないじゃん!」って思うようになってしまったようです。

それはそうと、まだ『アラフォー』って言ってていいのかな?(笑)



自分の誕生日前後に歯医者に行くことにしています。
いわゆる検診とクリーニングです。

検診で虫歯が見つかってしまい、忙しいのに歯医者通いが始まってしまいました。とほほ。


夕飯の支度をしてたら娘に聞かれました。
「ママ、欲しいものない?
「あるある!すっごい欲しいもの、あるよ」と私。
「何?」
ロジェの千秋楽チケットが欲しい!」
「…無理~…


ま、こればかりはね。
みんな欲しいですもんね。


神様がプレゼントしてくれないかなあ…





 2010_04_14



水さんのお茶会に初めて参加してきました。

あ~幸せ…!
ひたすら幸せで『水さんが大好き』な気持ちを自覚した時間でした。


実はこのところ忙しくて、ブログ更新どころか
パソコンを立ち上げることもできず一日が終わる日があったりして
家族の間でもちょっとしたごたごたもあったりしたので
気持ちがなかなか上向きになれなかったんです。

そういう時ってどうしても思考がマイナー傾向になるから、つい
「水さん退団後の自分はどうなっちゃうの?」なんて考えが頭の中で勝手に膨らんでしまったりして。

とにかく重かったです。
お茶会間近になってもなかなかそれに気持ちを向けられない自分が嫌でした。

だけど、昨日は娘がゆみこちゃんのお茶会に参加したため
私は息子も同伴で娘の送り迎えをして、夜中に帰宅。
今日は自分の水茶のために夕方から上京というハードな二日間でした。
どんなにかへとへとになることかと思ったけど…

今、もんのすごくパワーが漲ってます!

ちなみに今日は二時ごろに家族で近所でお花見しながらお昼食べたきり
夕飯食べる時間なくて今まで平気だし(笑)。

アドレナリンが大放出してるに違いありません。


水さんはとてもカッコよかったです。眩しいくらい輝いてました。
お話もとにかく楽しくて何度となく笑いました。

ファンに対してもホントに誠実で大切に思ってくれているのを感じました。

お話の中で、ちょうど折り返しに来た今公演への思いと
ご自身の退団公演である次の公演についての思いを聞くことができました。

その思いに頑張ってついて行きたいと
あらためて思いました。

今日、行ってよかったです。

明日からも頑張れる!

水さんが大好きです。
 2010_04_11



よっちゃんママに誘ってもらってSS席6列センターからの二回め。
よっちゃんママと私、そして大学生であるよっちゃんのお姉ちゃんの三人で4時からの公演を観ました。
そこまで水さんと近い距離での観劇は久しぶりなので、昨日あたりからドキドキしちゃって…(>_<)また緊張しすぎて落ち着かないままだったらどうしようかと心配したけど、お芝居が始まったら初回よりもすんなりと入り込めました。

やっぱり近いと歌も声も迫力にしても伝わってくるものが違います!
2階B席だった初回よりも数段、感激しました。

将軍が処刑されてしまった後、地図カーテン前でオーストリア兵たちが歌う場面で正面がオヅキくんだったんだけど
涙が流れているのがはっきり見えてしまい、泣かされてしまいました(:_;)。

ポポリーノに縋り付かれ、それを優しい中にもきっぱりと振り切るゆうちゃんさんの演技も泣ける…。

涙を堪えながら敬礼するさゆちゃんも反則ですってば…(:_;)

マントバに医薬品を調達しに行ったアンリエットが無事に戻って来たときのエクトール先生の表情がが素直すぎてかわゆい!o(^-^o)

エクトール先生と言えば、デュナンさんと初めて地図前で意気投合するところ。
歩きながら外した眼鏡を胸ポケットに差し込むところ、私的萌えポイントです(#^.^#)。

デュナンさんのソルフェリーノソングも、冒頭の戦争の酷さを目の当たりにした直後の憤る感じと、夜通し看病してさらに悲惨さを痛感し(地図カーテン前withアンリエット)心身ともにダメージを受けた感じとではまるっきり違えてますね。

水さんさすがに工夫してるんだなと思いました。

その歌をアンリエットが歌い継ぐところを聴いていたら、みなこちゃん歌が上手くなったなあと感心してしまいました。

エクトール先生とお別れする場面も、アンリエットの中の強い決意と慈愛の心とエクトール先生に対する気持ちが感じられ、思わず泣けちゃう。
いや、エクトール先生の気持ちにも泣けるんですが、ついここの台詞はゆみこちゃん自身に置き換えちゃうんです。
…っていうか、ぶっちゃけ、ここで置き換えておかないと『雪のように花のように』へと繋がらないのでf^_^;。でもってやはり涙ですよ。

『最後、要塞に立つポルリノ参謀長のやたらと力のこもった演技は必見』と某G画伯から情報をいただいていましたが、今日はようやく確認できましたぞ!(←私信)キムくんが顔で迫真の演技してます。握り絞めた拳も必見です。

銀橋で赤十字の旗を手にした水さんの堂々とした姿がホントにホントにかっこよくて…「あ~、私やっぱりこの人好き!(#^.^#)」ってあらためて思わずにいられませんでした!

まだまだ水さんのステキな魅力は尽きないんですね。

まだまだ、ですよ。


お芝居終了後、私の隣でよっちゃんママも涙目でしたが、その隣にいたよっちゃんのお姉ちゃんがもう…かなり大変なことになってました(T_T)。
よっちゃんのお姉ちゃんは医大生なので、いろんなことが心に響いたのかもしれませんね。

あらためてアンリ・デュナンという人の偉業と、平和への思いを強く感じます。

うん、お話はすばらしいだけにね、非常に惜しいね…(*_*)(以下自粛)


実は、私が今日の公演に行くことを知り、娘も「私も見に行きたい~(>_<)」と言うので、直前にチケットを取りました。
しかしながら娘は今日夕方まで都内でダンスのメソッドの検定試験だったので、試験終了後に遅れて駆け付けました。
席についたらちょうどエクトール先生の『雪のように花のように』の場面あたりから見たのだそうです。
遅れることがわかっていたし、直前だったのでまた2階B席を取ったのですが、
『Carnevale』は6列めで見たい~、お願い!(^人^)』と懇願されてしまい、私自身、お芝居で水さんの目線をたくさん浴びて幸せ感に浸りながらつい、あの子にもこの幸せに浸らせてあげたい…なんて思ってしまったのが運のつき。
ショーは席を代わってあげてしまいました!…くぅぅ~(-.-;)

もうね~…あんなに近かった水さんがいきなり遠くになっちゃって(T_T)チケット料金3倍以上の価値を痛感しましたよ。

でも娘がこんなにゆみこちゃんを近く感じられるのは、多分間違いなく最後だろうから…って思ったら、ゆみこちゃんの笑顔の方向が娘がいる方だったり、銀橋のセンターに立った時の娘の表情や気持ちを想像して「これでよかったんだ」って思えてしまいました。

母親の性(サガ)って奴ですかね?(笑)

でもね、水さんの目線がそちらに向くと「あの目線の先には私がいたはずなのに~」って、ちょっとかなり悔しかったのも本音です(笑)。

娘よ、この貸しはいつか返してもらうから覚悟しておくがいい!(笑)

というわけで次回、「2階B席からのカルネのツボ」について語ります。
 2010_04_04



四月です…。


ひたすらに前を向いて過ごさねば。

頑張らなくては。




昨日の記事は携帯からのアップだったのですが
どういうわけか文字化けがあったようでタイトルの部分を修正してあります。

というわけで続きです。
『Carnevale睡夢』

見る前は絶対に、最初から最後まで泣いちゃうだろうと思っていましたが
始まった途端にヴェネチアのカーニバルの世界に引きこまれてしまっていました。

各場面がとてもバラエティーに富んでいて、かと言って全体の流れは不自然にはならず
上品で小洒落ているところも好感が持てました。
しかも人選も適材適所で見ごたえがあって一人一人の魅力が最大に発揮されていました。
とても内容の濃いショーでとても満足です。

賑やかなお祭に浮かれていた気分が、次第に静かにトーンダウンして
「こんな楽しいお祭、まだ終わって欲しくない」と思う気持ちと
ゆみこちゃんを初めとする退団者との惜別の気持ちとが伏線となっていって
最後に向かうに連れてだんだんと寂しさの色が濃くなっていく。
ゆみこちゃんのサヨナラ公演としての核の部分はしっかり存在しているのに
センチメンタルに偏ることなく、いつの間にか仮想世界のお祭を楽しんでいて
気がついたら現実世界に自然に帰って来てた、という感じでした。

なんだか魔法にかけられたような55分間でした。


ゆみこちゃんがこんな素敵なショーで卒業できてよかった!
さゆちゃんもハマコさんもじんじんも。

稲葉先生、ありがとう!



寂しいのです。
とても悲しいです。
でも、寂しい気持ちや悲しさで頭も胸もいっぱいになって
嗚咽に耐えながら、涙をこらえながらでは
折角の最後の公演を心に焼き付けることができないんです。

今までそれでかなり後悔してしまったので
この先、大好きなゆみこちゃんと水さんの退団の時は
そういう後悔だけはしたくなかった。

稲葉先生、なんで私の気持ちがわかってくれたんだろう?(笑)


ゆみこちゃんの退団発表からずっと、いろんな想いや雑念が浮かんで
心のなかに暗雲が広がって行くとともに
それまでただひたすら大好きだった『宝塚』というものが
その輝きを失っていくばかりでした。


舞台を観ても純粋に楽しめなくなっていました。


だけど大好きなゆみこちゃんと水さんの退団まで
大好きな雪組の公演は心から楽しんで観たいと思っています。

今回のショーならそれが可能だと確信できました。
あ~、よかった!



あさって、二回目を見に行きます。

ヅカママ友のよっちゃんママが誘ってくれてSSで観れます~!
嬉しい…




でもこのショー、二階席から見るのもオススメです。

彩りもとてもキレイだし
東宝の二階席、嵩上げされたので見やすくなったし
大階段の中央に立つ水さんやゆみこちゃんをオペラで観ると
真っ正面の高さで見えますから。


細かい感想はまた次回観劇以降に。






 2010_04_01




03  « 2010_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ルカ

Author:ルカ
2007年夏の終わりに水さんとの運命的(?)な出会いによって
私の人生が劇的に変わりました。
宝塚は卒業されてしまいましたが水さんのことが
相変わらず大好きです!(#^.^#)
ずっと応援していきたいと思います。

現役さんでは雪組の望海風斗さんを応援しています。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。